2004年09月09日

十和田湖にドライブ

8日の台風通過後、やっと運航を再開したフェリーの第1便でやってきた大学の県人会の友人と2人で、十和田湖へ行ってきました。


朝10時に出発できればいいねと話していたら、起きたのはその10時。
あわてて支度して、朝食を済ませて出発しました。

車を走らせて、まずは城ヶ倉大橋に着きました。
この橋は、青森県の東西、つまり、津軽と南部を結ぶ最大の難所を、日本一の上路式アーチ橋で結んでいます。
谷底までは122メートルもあります。

2004.09.09-001

橋を歩いて渡ってみました。

2004.09.09-002

はるか遠くには、青森市と陸奥湾が見えました。

車に戻り、車で城ヶ倉大橋を渡り、国道103号線に入りました。
ここは、温泉があちこちにあります。
酸ヶ湯を通るときは、ものすごい硫黄の香りがしました。
しかし、駐車場には大型バスが10台、乗用車も駐車場にいっぱい止まっていたので、混雑を予想してやめました。
実は、今回はガイドブックにもあまり載っていなくて、人が少なさそうな温泉に入ろうかと話していました。
なので、有名な猿倉温泉も谷地温泉も蔦温泉もパスして、焼山に到着しました。

そして、電話で場所を確認して着いたのが、現代湯治の宿おいらせです。
滝を見ながら露天風呂につかりました。

だんだんと時間がなくなってきているので、茶木を急ぎました。
奥入瀬渓流沿いを走りました。

2004.09.09-003

途中、雲井の滝と銚子大滝を眺めてきました。
観光客がたくさんいました。

2004.09.09-004

銚子大滝では、観光客の人たちと写真の撮り合いっこになりました。

2004.09.09-005

子の口からは十和田湖沿いを通りました。
休屋で車を停め、木苺のソフトクリームを片手に、湖畔まで歩いてみました。

2004.09.09-006

観光シーズンを控えて、雰囲気は嵐の前の静けさでした。
紅葉が始まると、すごい人ごみになるんだろうな…
きりたんぽをほおばりながら、車を走らせました。
友人は盛岡で待ち合わせをしているとの事で、思ったよりも時間がかかっていることもあり、少し急ぎました。
小坂インターから高速に入りました。
軽の車では100キロで走るだけでも大変そうでした。
平均の速度が無人くんが反応するほどの道路なだけに、何台も追い越されながら大鰐弘前インターまで走りました。

家に着き、友人はバイクにまたがり、車で大鰐弘前インターまで先導していき、入り口で分かれ、盛岡に向けて出発していきました。

2004.09.09-007

あとでよくよくレンタカーのガイドを見ていたところ、やっぱりガイドに書かれてあった所要時間よりも多くかかっていました。
軽だから仕方がないか(汗)
posted by mach at 00:00| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 蔦温泉蔦温泉(つたおんせん)は、青森県十和田市(旧国陸奥国)にある温泉。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Arti..
Weblog: 温泉GO!GO!ガイド
Tracked: 2007-11-15 15:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。