2007年02月24日

玉突き事故寸前

200702241736000.jpg
写真は事が起こった後で寄ったスーパーの駐車場です。
帰り道、昼間解けた雪が再び凍結し、とてもスリップしやすいコンディションになっていました。
先頭にトラック、普通車、mach号、トラックと4台連ねて走っていての出来事です。

怖い出来事なので、一発では表示されないようにしておきました。

速度制限なしの道路を4台連ねて走っていたときのことです。
先頭が60キロ近くで走っていて、3台が同じ速度でついてきている状況でした。
すると突然先頭のトラックがスピンしたのです。
トラックは横になってしばらく滑り、トラックに積んでいた電柱が道路標識に当たって止まりました。
そのうしろにいた普通車はブレーキをかけて徐行でそのトラックを避けて行ってしまいました。
mach号は普通車のうしろを100mほど離れて走っていましたが、ABSが作動しながらもペダルをしっかり踏み、エンジンブレーキも併用して止まりました。
路肩に雪面があったため、左側のタイヤをそれに乗せてトラックの約10m手前で停止しました。
mach号が停止するちょっと前に先頭のトラックは発進し、行ってしまいました。

mach号のうしろにいたトラックは、車間距離が明らかになかったため、急停止したmach号に合わせて止まることができず、なんとかかわして追い越す形になりましたが、追い越した直後にスピンし、路肩の溝に突っ込んでしまいました。

その光景を目の当たりにして、しばらく放心状態でいましたが、深呼吸をして車をハザードにし、救出するために車を降りました。
ところが、道路はミラーバーンで、冬靴でも歩くのもままらない状態でした。

後続車にトラックの運転手の同僚らしき人がいて、牽引ロープで引っ張ることになりました。
machはトラックを押して、何とか脱出しました。

標識を倒したトラック、ナンバーを覚えていません・・・

その後、ハンドルを握る手は震えていました。
posted by mach at 19:48| 青森 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おそろしい…
とにもかくにも、無事で何よりです。
Posted by はっちー at 2007年02月26日 21:43
スタッドレスでも止まれない道路があるんですよね。
本州では圧雪でも、北海道ではアイスバーンが基本。
本州では雪国でもアイスバーンになるととたんに弱くなるドライバーが多いんですよね。
とにかくスタッドレスだからって止まれると思ったら大間違いってことなのです。
Posted by mach at 2007年06月19日 18:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。